ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|
戻る進む

 

§5 【Fetch FAQ】

 

Fetch FAQ

 

FAQは、
Frequently Answered Questions(よくある質問と回答)
または、
Frequently Asked Questions(よくある質問)
の略称です。
普通は、"エフ・エイ・キュー"と発音します。

 

 

 

 

 

Fetch のOpenConnection(NewConnection)の設定で、Host、UserID、Password、Directory欄に、何を入れてもエラー表示が出てしまいます。
 ホームページを開設する際、プロバイダーによっては『ホームページを開設したい』と改めて申し込んで手続きしてもらわないといけないところもある様です。
 一度、この点をプロバイダーに問い合わせて見て下さい。

 

どうしてもディレクトリーを取得できません。

/...../home/~自分のID/pubulic_html/(参考例)

を何回試みても、サーバから「ディレクトリーは存在しない」と返って来ます。

 ホームページを開設する際、プロバイダーによっては『ホームページを開設したい』と改めて申し込んで、手続きしてもらわないといけないところもある様です。
 また、当然のことですが、プロバイダー毎に、ディレクトリーの構成やフォルダーやファイルの名称がそれぞれ異なっていて、必ずしも参考例の通りで上手く行くとは限りません。----ですから間違って“存在しないディレクトリー”を指定しているのかもしれません。
 多分、このどちらかが原因だと思われますので、プロバイダーに確認して下さい。

 

 

 

サーバへHPのデータを送ると、

Forbidden,
You don't have permission to access
/~自分のID/index.html on this server.

のメッセージが表示されます。
 この場合プロバイダーに連絡して、アクセス可能な状態に変更して貰う必要があるのでしょうか。
 それともパーミッションの設定を変えるだけで、アクセス可能になるのですか。

 ホームページ原稿をFTP(WEB)サイトに送付出来たのであれば、パーミッションは、Fetchで再設定可能です。
 「Fetch講座」の
   ◆
3-13 パーミッション(Permissions)の設定
を参照して下さい。

 

 ファイルをフォルダーごとサーバーへ送ったところ、

Not Found
The requested object does not exist on this server.The link you followed is either outdated, inaccurate, or the server has been instructed not to let you have it. Please inform the site administrator of the referring page

のメッセージが出ました。
 どう対処すればよいのでしょうか?

 リンクを張る時に、小文字の名前で指定しなければならないURLを、間違えて大文字で指定した事が原因の様です。
 URL指定時の大文字と小文字は、全然、別の文字として認識されますので注意して下さい。

 

パーミッション777、666等の設定法について教えて下さい。
「Fetch講座」の
  
◆3-13 パーミッション(Permissions)の設定
を参照下さい。

 

 日本語の部分が全部文字化けします。
 送付前の原稿は正常に表示されるので、転送(PUT)時に問題があるのでしょうか?
  1. FetchのUpload の設定が、「Text」になってはいませんか。
    いま一度、「Raw Data」に設定されているか確認して下さい。
  2. [Misc]の設定のうち、「Translate ISO characters」がマーク(×印付き)されていると思いますので、四角い窓をクリックして、×印を外してみてください。
    (詳しくは
    ◇3-4-4 Misc の設定を参照下さい)
  3. HTML文中に、半角カナを使用することは厳禁です。
    またファイル名に半角カナや全角英数字を使用することも避けてください。

 

 

 

FTP(WEB)サイトに送ったはずの画像ファイルが、ブラウザで見ると表示されません。
その代わりに右下が破れたアイコンマーク(左の図)が現れるのですが....。
 HTML文で指定した場所に、画像ファイルが存在しないものと思われます。
 再確認して下さい。
【詳しい説明】

 

写真をクリックして音を出すには

下記のHTMLで試してみてください。


<EMBED SRC="sound.mid" WIDTH="30"      HEIGHT="20" CONTROLS="PlayButton"

 AUTOSTART="True" ALIGN="BOTTOM">      <noembed></FONT><A HREF=

"sound.mid">[Play Real Audio]</A><FONT       COLOR="#006600"></noembed> 

</FONT>

 

 

アクセスカウンターを設けたいのですが...
 CGIプログラムを使えば実現できます。
 また、ホームページ上で無料提供されているアクセスカウンタを利用すれば、簡単に設定出来ますので、探してみてください。
(プロバイダによっては、CGIプログラムの使用させない代わりにプロバイダ自身が、CGIプログラムを提供しているケースもあります)

 

CGIスクリプトの改行(UNIX方式の改行処理)
 Fetchの解説書には、「Perlなどで書かれたCGIスクリプトや、サーバーの設定関連のファイルについては、必ずTEXT形式で転送するように」と指導しています。
 Perlなどで書かれたCGIスクリプトなどのファイルは、“UNIX方式”で記述するのが原則です。
 UNIX、Mac、Windows(DOS/V)では、テキストデータの改行コードがそれぞれ異なっているのはご存じですね。----昔、私自身、CGIスクリプト(テキストデータ)をMac改行方式で記述したのですが、これをFTP(WEB)サイト(UNIXサーバ)へ「Raw Data」で送った途端に、1行の文章に化けてしまいました。
 本人は、指示通り書いたつもりなのに、結果として間違ったスクリプトを送ったことになってしまっていたわけです。
 これでは動かないのが当たり前ですね。

 

CGIスクリプトを動かすためには「.htaccess」ファイルが必要ですか?

プロバイダに依って、このファイルが必要な場合があります。
ファイル名の頭に「.」が付いているのがミソです。
このファイルをホームディレクトリの直下に置いて下さい。
私の場合、その内容は、

Options FollowSymLinks ExecCGI Includes
AddType text/x-server-parsed-html .html
AddType application/x-httpd-cgi .cgi
AddType audio/x-pn-realaudio .ra

と、なっています。
CGIスクリプトのファイル名を「x〜x.cgi」として、HTMLファイルから呼べば動きます。

 

 

 

  Yahoo! JAPAN 等のサーチエンジンに登録するには?
 Yahoo! JAPANの様に、30文字程度の文章を登録する方式の処や、gooの様に URLを登録する だけで良いところなど色々です。
 1:登録したいサーチエンジンのリストを作る。
   Yahoo! Japanや、HOLE-IN-ONE 、gooなどは是非、登録
   しましょう。それからご自身のプロバイダーへの登録もお
   忘れなく。そして、
 2:リストアップしたサーチエンジンの「登録」を開いて
   みて、登録文字数や登録の方法をしっかり確認する。
   (このときは登録しません)
 3:そしてサーチエンジン毎に、予め登録文を準備しましょう。
 そして
 4:慎重に登録してください。

                                        (以上)

 

 


戻る進む
ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|