ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|
戻る進む

 

◆1-4 ホームページ原稿を制作する場所

 

 貴方はちょっとは名の知れた“日曜画家”です。
 そしてこの度、貴方の街の【○○市立美術館】で個展を開くことになりました。
 貴方には、10枚分の絵を展示するスペースが与えられています。

 

 その時、美術館にわざわざキャンバスや絵具を持ち込んで、そこで1枚1枚、絵を描く画家はおりません。----自宅のアトリエで絵を描いて、描き終えてから一度に美術館に搬入するはずです。

 ホームページの場合も、事情はこれと全く同じです。
 まずご自分のマッキントッシュのハードディスクの中に、新しく、例えば「アトリエ」と言うホルダーを作って、作品(HTML文)はその中で一つづ仕上げていく。
 そして、作品が全部出来上がってからプロバイダーのサーバーに送ります。----その時大活躍してくれるのが、Fetchです。

 


 

◆1-5 巻頭ホームページのファイル名

 

美術館に入って、『個展』を覗くと、
入り口には、“主催者のご挨拶”が飾られています。

 

 ホームページにアクセスする時のことを思い出して下さい。
 私のホームページを例に説明します。

http://www.machida-jp.com/kimoto/

 上の例では、
http://www.machida-jp.com
までの表示で、私が所属するプロバイダーまで覗きに行くように指示しています。
次いで
/kimoto/
の部分で、私のホームページを見るように指定しています。
 ところが、最初に現れたホームページのファイル名はindex.html。

 頑固者で、融通が利かず、正確無比が取り柄のコンピュータです。
 いつもなら、index.htmlまで具体的に指定し,
http://www.machida-jp.com/kimoto/index.html
と、書かないかぎり“梃子でも動いてくれない”はずなのに、何故かindex.htmlまで指定しなくともindex.htmlが現われました。----何故でしょう?

 理由は、簡単です。

 実は、ほとんどのブラウザが、『メンバー名(kimoto)さえ指定してくれれば、巻頭のホームページにご案内します』という“決まり”に従っているんです。

 こういう約束になっているからこそ、http://www.machida-jp.com/kimoto/index.htmlと、わざわざ/index.htmlまで指示しなくても「巻頭のホームページ」が現れました。

 裏を返せば、この事は
巻頭ホームページには、必ずプロバイダーが決めた名前を付けて下さい
と言うことでもあるのです。

 貴方が「巻頭ホームページ」の積もりで作ったファイルを送付する際には、
“プロバイダーが指定するファイル名(殆どのケースがindex.htmlかindex.htmです)にしておかないと、巻頭ページとしては認めてもらえないよ!”
と、言うことでもあるのです。

 ホームページをワンダリングする“ネットサーファー”時代には考えもしなかったこんなな些細な事が、いざ、自分でホームページを開く段階では重要なチェック・ポイントなのです。

 しかも、困ったことに、最初に現れるホームページのファイル名は、(殆どの場合がindex.htmlなのですが、)必ずしもindex.htmlとは限っていません。プロバイダーによって異なっているらしい……。

 

 

 


戻る進む
ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|