ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|
戻る進む

==英語版解説==

 

 

 


 

◇3-6-1 Fetchを立ちあげましょう

 

 皆さんは、既にプロバイダーに接続して、毎日、ネットサーフィングを楽しんでおられる方々ばかりですから、プロバイダーに接続する手順の説明は、省略します。
 それでは、いつもの通りの方法でプロバイダーに接続してください。

 プロバイダーへの接続が完了したらFetchを起動してください。

 

 私は、何時も使っている「Netscape Navigator」や「Eudora」、それに「HTMLエディター」と「Fetch」については、エイリアスをディスクトップに列べています。
 ですから、何時でもワンタッチで起動することが出来ます。
 みなさんにもにも、是非、お奨めします。

 

 ダイアログ画面が現れたら、先程、設定したばかりの[New connection]であること確認して下さい。
 そして、Host欄が貴方の所属するプロバイダーのFTP(WEB)サイトに間違いがないことを確認したら、[OK]をクリックしてください。

 もし、別のダイアログが現われていたら、メミューバーの右端[Windows]の[Shortcut]を選んで、貴方のFTP(WEB)サイトを選び直して下さい。すると、Fetchが立ち上がり、貴方のプロバイダーのFTP(WEB)サイトの先程指定したディレクトリーに繋がるはずです。

 

 貴方がいま開いたFetchのウインドーには、まだ何も入ってはおりません。
 この真っ白なスペースが、貴方のスペースです。

 


 

 

◇3-6-2 私のケースで説明します

 

 平成9年3月末現在の私のFTP(WEB)サイトをディレクトリー構造で示すと、
 [public_html]の下に、ファイルが2つと、フォルダーが5つ、
こんな風に入っていました。


            FIG 3-6-2~1

Fetchで覗いた私のFTP(WEB)サイトは、こんな具合です。(下図)


            FIG 3-6-2~2

 

横長のアイコンがフォルダー
縦長のアイコンがファイル、
です。

 そして、横長のアイコンをダブルクリックすると、
 そのフォルダーが開いて、中身が現れる仕掛けになっています。

 

 


 

 

 Fetchで「FTP(WEB)サーバー」にホームページ資料を送る方法は、3通りあります。

 


 

◇3-7-1 第一の方法:[Put File」

 

 第一の方法は、ファイルを1個づつ送る方法です。
 まず画面中央の[Put File]をクリックします。

 


             FIG 3-7-1~1

 

  すると、ダイアログが現れますので、ここでプロバイダーのWeb(FTP)サイトに送付するファイルを選び出します。
 先ず、「ディスクトップ」と「開く」を使って貴方のパソコンのフォルダー「アトリエ」を選択してください。
 この例では、[index.html]と[profile.html]の二つのファイルが入っています。
 まず最初に[index.html]を選択して「開く」をクリックする。

 


            FIG 3-7-1~2

 

すると画面が変わり、[Put File]ダイアログが現われます。
 窓の中は、[index.html]が入っていますね。
 そこで、[OK]をクリックしてください。
 これでファイルが無事、プロバイダーのFTP(WEB)サイトに送信完了しました。

 


            FIG 3-7-1~3

 

 この作業を順番に繰り返して、一つづつファイルをプロバイダーのFTP(WEB)サイトに送ります。----しかし、この方法では、フォルダーごとファイルを纏めて一括処理することは出来ません。

 

 これでは不便ですね!

 ですから、この第1の方法はすっかり忘れて、これからご説明する“第2の方法”もしくは、“第3の方法”しか使わない決心をした方がいいと思います。

 


 

◇3-7-2 第二の方法:[Remote]

 

 第二の方法は、フォルダーやファイルを一括して送ったり、フォルダーごとに送付する事が出来ます。

 まず最初にメニューバーの[Remote]を撰び、上から4番目の[Put Folders and Files]までプルダウンしてください。


            FIG 3-7-2~1

 

そうすると、ダイアログが現れます。
 そこで、第一の方法と同じ様にMacの中からフォルダー「アトリエ」を選択してください。
 そして、まず[index.html]にカーソルをあわせて反転させ[Add](加える)を押す。
 再び[profile.html]を撰んで、[Add]を押すと、ファイルが2つ列びます。

 開いたフォルダーの全ファイルを選択したい場合は、下から2つ目の[Add All]で一度に選択することも可能です。

 


         FIG 3-7-2~2

 

 そして[Done]を押す。

 すると、[Put Files]ダイアログ(下図)が現れます。
 
  実は、この部分の設定は、既に[Upload]で設定済みです。
 ですから、テキストファイルは、が、その他のファイルは[生データ(Raw date)]が選択されているはずです。
 ですから再設定の必要はありません。[OK]ボタンを押して下さい。


       FIG 3-7-2~3

 これで、プロバイダーのFTP(WEB)サイトへのファイルの送付が完了します。

 この方法だと、フォルダー単位でも送れるし、送りたいファイル、フォルダーを全て一括して指定することも出来ます。

 ファイルの転送が全て終わったら、「クローズボックス」をクリックしてfetchのウインドーを閉じ、メニューバーで[File]--->[Quit]を選択して、Fetchを終了してください。

 

 

 

◇3-7-3 第三の方法:「ドラッグ&ドロップ」

 

 実は、第三の方法がありました。

 これ、小生自身が知らなかったのですが、師匠の大髭さんが我が家に遊びに来た時、何となく眺めていると、画面の上部にFetchの画面を立ちあげ、画面の下部には自分自身のフォルダー「アトリエ」の中身を表示して、「アトリエ」の中の“プロバイダーに送るファイル”をドラッグしては、そのままFetchの画面上にドロップしているんです。

 『アレー。[Remote](第二の方法)を開かずに、そんな風にドラッグ&ドロップで直接、送れるのですか!』

 今度は、大髭さんが驚く番でした。

 『エッ! 木本さん、知らなかったんですか!』

 勿論、この方法でフォルダーも転送出来ます。
 ですからどう考えてもこの方法が一番便利です。
 と言うわけで、急遽、この方法を追加しました。(1997.6.8)

皆さんも、お試し下さい。(ただし、Mac OS 7.5 以上に限ります)

 

 


戻る進む
ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|