ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|
英語版解説に戻る|日本語版解説に戻る|
進む

 

 

◆3-10 運営と維持

 

 

 最初の登録は、フォルダーごと何も考えずに送ってしまえばお終いですから簡単です。
 しかし、最初にアップロード(Upload)した資料を更新する作業を始めるようになると、事はそう簡単にはいきません。

 

 何をどう差し替えたいのか、じっくり考えながら作業しなければならず、予想外の大事業です。
 文章をちょっと換えただけの積もりで気楽に更新して、覗いてみると画像ファイルが見えなくなってしまっていたり、リンクできない状態になっていたりすることは、最初は、誰にでもよくある出来事です。

 

 こんな失敗を極力少なくするために、是非、守って欲しいことは、ホームページ用のファイルの作成は、「アトリエ」と同じ様に必ずどれか一つ専用のフォルダーを決めて、その中で行う習慣を付けることです。

 

 わたしが【実践編】の最初にフォルダー「アトリエ」を皆さんに作っていただいて、必ずその中で作業していただいたのも、この様なつまらない事故に遭わないように配慮したからに他なりません。----馴れてくると、ついついこの辺のけじめがいい加減になります。画像データが見つからなくなったり、リンクが上手く行かなくなる原因の大半は、本人の不注意です。

 

 最初のうちはフォルダーの概念が十分でないですから、送った積もりのファイルが別一つ上の階層のフォルダーに格納されたり、一つ下のフォルダーに格納する間違いは、日常茶飯です。しかし、試行錯誤を続けるうちに自然に上達します。

 失敗しても誰に迷惑を掛けるわけではありませんから、気楽にいきましょうよ。

 更新後に再更新したファイルやフォルダーには、その都度、「未決」のブルーのラベルに変えておくなどの習慣も有効かも知れません。 ----要するに、自分のハードディスクの中の「アトリエ」と、プロバイダーのFTP(WEB)サイトを整理整頓し、常に1:1の関係を保ち続ける様に努力する以外には、メンテナンスの王道はありません。

 その上で、さらに貴方なりの上手い方法を編み出して、『あそこはメンテが上手い』と、評判を取って下さい。

 

リンク:
それぞれのページを関連づけることを“リンクする”と言います。
リンクは、画面上では普通青い文字で表示されますが、この青文字部分をクリックするとそのページへ飛んでいけるのです。

 

 


 

 

◇3-10-1 更新作業が大切

 

 私のようにいつまでも「工事中」だったり、更新作業を滞っていては、そのうちに誰も覗いてくれなくなってしまいます。
 多分、1〜2週間ごとに更新し、更新の都度、常に“何か新しいもの”を付け加える工夫が必要だと思います。
 それから、新しくつけ加えた項目には、NEW!のアイキャッチを付けるなどの工夫等も絶対に必要なサービスです。

 

 更に積極的に、
『今度の更新予定は、何月何日です』とか、
『更新が終わったので見に来て下さい』とか、
『必ず毎日書き込むページを設ける』とか、
『みんなが書き込める掲示板を設ける』とか、
『みんなが楽しめるチャットコーナーを設ける』
などのの努力も必要です

 

 

 

◆3-11 ホームページを開いたら(お願い)

 

ホームページを開けたら、必ずご連絡下さい。
必ず見せて貰いに伺います。

 

 そして、“それでもやっぱり躓いた”苦労話の一つでも私宛に送って下さい。
 そのための掲示板も用意しました。
 掲示板に“開設のご連絡”を書き込んで頂いたら、リンク集「Fetch同窓会」に掲載させて頂きます。(最近、更新していません)

 

 

◆3-12 プロバイダーへの質問状(質問状の雛形)

 

 

 Fetchの設定の件で相談をお受けし、二度、三度とmailで情報交換するうちに問題点が見つかり、一件落着したとばかり思っていた方からmailを頂戴しました。
 『ホームページ開設の連絡に違いない!』と期待しながら文面を開くと、『一生懸命に頑張っているのだが、未だにホームページが開設できずに悪戦苦闘している』と書いてありました。
 “出来るだけ具体的に”と、それだけを心がけてこの「Fetch講座」をまとめた積もりですが、まだまだ書き足りないところがあるらしく、解決策が見つからないケースが沢山存在する様です。

 そこで、急遽、本項を追加することにしました。(1997.8.10)

 


 

◇3-12-1 プロバイダー宛の質問状

 

 この難問を最も具体的に、かつスマートに解決する方法を考えてみました。
 そして得た私なりの結論を申し上げます。

 こんな時こそ、プロバイダーを有効に活用することをお奨めします。
 『プロバイダーをもっともっと有効に活用しましょう!』

 

 貴方は、以前にプロバイダーに電話してTCP/IPやFreePPP、Netscape NavigatorやEudoraなどの初期設定のことで相談したことがあり、その時に「電話で相談して良かった!」という印象をお持ちならば、何ら問題はありません。
 『以前に一度、ホームページを開設しようと質問してみたが、満足な回答が得られなかった』と仰る方も大勢いらっしゃるでしょう。

 しかし、あの時と今とでは、貴方自身のスタンスが違います。

「Fetch講座」をお読みいただいき、一回、二回と試行錯誤を済ませた現時点では、貴方自身の理解度が一変しているはずです。
 『何をどうしたいのか』、いまなら担当者に的確に質問出来るはずです。

 

 


 

◇3-12-2 プロバイダー宛の質問状の雛形

 

 折角、質問するのですから、なるべく具体的に効率的に質問する方が良いと思います。
 しかも、『Fetchの初期設定』に関しては、貴方の手元には既に“98点以上の答案”があるのですから、これを有効利用しない手はありません。
 その内容を、そのままプロバイダーの担当者に送付して、『こんな風に設定したのだが、上手く設定出来なかった。何処が間違っているのか、ご指摘いただきたい』と、添削をお願いしては如何でしょうか。

 多分、これで一挙に難関をブレークスルー出来ると思います。
 さあ、早速、実行して下さい。

 

 以下の内容を、コピー&ペーストして、プロバイダーへのe-mail原稿の雛形としてお使い下さい。
 各項目の内容(太文字部分)は、必ず貴方が設定した内容に置き換えて下さい。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ここから 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                         平成○○年○○月○○日
abc-net
ホームページ担当者
筑紫 次郎 様
                          坂東 太郎
                         tarou@abc-net.or.jp
 Fetchの初期設定に付いて(質問)

 拝啓、貴社ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。

 早速ですが、表題の件でお伺い申し上げます。
 私は、マッキントッシュ(機種名を括弧書き)を使って、ホームページを開設したいと努力しております。
 その第一段として、現在、貴社の FTP(WEB)サイトにホームページ資料を送り込むべく、 Fetch 3.0.3J2(またはFetch 3.0.3)の初期設定を行っておりますが、この初期設定が上手く行かず難渋いたしております。

 今回、私が設定いたしました「初期設定」の全項目を下記にリストアップいたしますので、設定内容に誤りがないか、添削をお願いいたします。

 取り急ぎ用件のみで失礼いたします。
                                    敬具

                記

◆「Fetch 3.0.3J2(またはFetch 3.0.3)の初期設定の内容

-----------------------------------------------------
◇「新しいショートカット(New Shortcut)」 の設定

名前(Name):abc-net

タイプ(Type):Unknownを選ぶ

ホスト(接続先)(Host):ftp.abc-net.or.jp

ユーザー名(User ID):tarou

パスワード(Password):tonegwa

ディレクトリ(Directory):/raid/abc/home/tarou/

漢字コード:無変換を選ぶ

-----------------------------------------------------
◇ 「General」 の設定

デフォルトのパスワード(通常あなたのe-mailアドレス)
(Default password):tarou@abc-net.or.jp

デフォルトのショートカット
(Default shoutcut):abc-netを選ぶ。

-----------------------------------------------------
◇ 「Upload 」の設定

デフォルトのテキスト形式
(Default text format):テキストを選ぶ。

テキストでないとき
(Default non-text format):生データ(Raw Data)を選ぶ。

-----------------------------------------------------
◇「 Misc 」の設定

ISOコード変換する
(Translate ISO characters):チェックを外す(×印を外す)

-----------------------------------------------------

■設定した項目は、以上です。
 これ以外の設定は、一切、行ってておりません。

■誤りの個所があれば、誠に恐縮ですが、

Password:tonegwa(×)
     :tonegawa(○)

と、誤り行の末尾に(×)をご加筆いただき、その直下行に正しい記入内容と(○)をお書き添えいただければ、間違いを的確にご指示頂けるかと存じます。
 勝手なお願いですが、よろしくお願いします。

                                      以上

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ここまで 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 


進む
英語版解説に戻る|日本語版解説に戻る|
ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|