ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|
戻る進む

==日本語版解説==

 

 

 

◆3-4 Fetchのインストール

 

 

Fetch3.0.3J2(日本語版:シェアウエア:2500円)のダウンロードは済みましたか?
お手元にありますね。
もし、まだなら、即刻準備してください。

 

 

Fetch 3.0.3J2のダウンロード先:http://fetch.jp/

 ダウンロードが終わったら、Fetchインストールして下さい。

 インストールが無事終わったら、ファイルの中身を確認して下さい。
 下図の4つのファイルが入っていれば、無事、インストールは終了しています。

 


FIG 3-4

 

 それでは試しに一度、Fetch3.0.3J2をのアイコンをダブルクリックしてソフトを起動して下さい。

 

 

 「NewConnection」のダイアログが現われましたか?
 (この状態のまま、次章に進んで下さい)

 

 

 


 

 

◆3-5 Fetchの初期設定

 

 


 

◇3-5-1 新しいショートカット(New Shortcut) の設定

 

 

 「新しいショートカット」が現らわれたら、ダイアログの最下段の[キャンセル]をクリックして下さい。

 すると、画面には、一番上のメニューバーしか残っていないはずです。

 メニューバーの左から5番目、[カスタム] をプルダウンして、5番目の[新しいショートカット] を選んで下さい。

 


   FIG 3-5-1~1

 

 すると、[ブックマークの編集] 画面があらわれます。

 

 項目順に、【記入参考例】を参照しながら、貴方のプロバイダー資料の通り入力して下さい。(全て半角文字で記入して下さい)


項目:

【記入参考例】

簡単な説明
名前
Name
abc-net 利用するFTP(WEB)サーバー名を入力してください。
タイプType Unknown ここは「どちらか不明」のままでOKです。
FTP接続先
Host
ftp.abc-net.or.jp 利用するFTP(WEB)サーバーのドメイン名を入力してください。
ユーザー名User ID tarou 貴方のIDを入力してください。
パスワード
Password
tonegawa 貴方のパスワードを入力してください。
(大文字か小文字かなど注意!)
ディレクトリー
Directory
/raid/abc/home/tarou/ プロバイダーのファイル転送先ディレクトリーを入力してください。

以上の各項目の記述例は、あくまでも参考事例です。
この通り入れるのではありません。プロバイダーから送られた資料に沿って各自で記入して下さい。

 

              FIG 3-5-1~2

 

 上の図は、入力例に従って全ての項目の入力が終了した状態です。
 皆さんの場合、記入する内容は、当然、貴方自身のデータです。
 ですから、上の図の記入例とは異なって当然です!

 全ての項目の入力が終わったら、右下隅の[OK]をクリックしてください。

 

 


 

◇3-5-2 General の設定

 

 もう一度、メニューバーの[カスタム] をプルダウンして、今度は一番上の[初期設定]を選んで下さい。

 

 すると、[初期設定] 画面が現れます。
 上段にラベルが7つ列んでいますが、今回、設定するのは、[General]、[Upload]の2項目だけです。(英語版の場合は、この他に[Misc]を加えた3項目です)
 これ以外の項目は、ホームページ作成だけが目的の場合は、設定する必要はありません。

 


            FIG 3-5-2~1

 

 では、最初に[General]の設定から始めましょう。

 [General]と書かれたインデックス部分(見出し部分)をクリックしてください。
 すると、ラベルの文字[General]がボールド書体の[General]に変わり、Generalページが現れます。


 最初に[デフォルトのパスワード]欄に貴方のメールアドレスを記入してください。
[tarou@abc-net.or.jp]
 次に[デフォルトのショートカット]の▼マークをクリックして、先ほど入力したばかりの貴方の所属するプロバイダー名[abc-net]を選んでください。

 一番下の項目は、普通はそのままでOKです。
 ISDNの場合は32K(ISDN)を、イーサネットの場合は64K(ethernet)を▼印で選択してください。

 

      tarou@abc-net.or.jpabc-netは、記入参考例です。
      
実際に選ぶのは、貴方のプロバイダー名ですよ!


 
          FIG 3-5-2~2

以上で[General]の設定は終わりました。[OK]をクリックして、設定は終了です。

 

 


 

 

◇3-5-3 Upload の設定

 

次は、[Upload]の設定です。

[General]と同様に、メニューバーの左から5番目、[カスタム] をプルダウンして、一番上の[初期設定]を選んで下さい。

 そして[初期設定]のインデックスの中から[Upload]を撰び、クリックしてください。

 そして、[デフォルトのテキスト形式]の窓の中の▼マークをプルダウンして、[生データ(Raw Data)]を選んでください。
 次に、[テキストでないとき]の窓の中の▼マークをプルダウンして、[生データ(Raw Data)]を選んでください。

 


           FIG 3-5-3

 

 記入が終わった状態は、下図の通りです。


          FIG 3-5-3~2

 

 [OK」ボタンを押せば、[Upload]の設定はお終いです。

 

 


 

◇3-5-4 Misc の設定(英語版のみ変更)

 

 

 英語版の場合は、もう一カ所[Misc]を設定する必要があります。
 念のため説明しておきます。
 [初期設定(Preferences)] 画面の一番右端の[Misc]のインデックスを開くと、下図が現れます。

 


           FIG 3-5-4

 

 英語版の場合は、上から3番目の項目「ISOコード変換する」がマーク(×印付き)されています。そこで四角い窓をクリックして、×印を外してください。

 日本語版の場合は最初からマークが外されていますので、そのままでよく、変更の必要はありません。

 そして、「OK」ボタンを押す。

 

設定は、これで全てお終いです
これ以外の項目の設定は、ホームページ作りには直接、関係がありませんので、今回は、説明を省略します。

 

 以上で[初期設定]の設定を終わります。



戻る進む
ホームページに戻る|Fetchの目次に戻る|