/こどもの国に進む/薬師池公園に進む/町田リス園に進む/国際版画美術館に進む/芹が谷公園に進む/町田えびね苑に進む/町田ぼたん園に進む/町田ダリア園に進む/“尾瀬”と“ミニ尾瀬”に進む/2週間の四国旅行に進む/2週間の北海道旅行に進む/

ホームページに戻る|半径:500mに戻る|



 
遺跡公園&市立博物館

 

市立博物館では「獅子頭−西日本を中心に−」
が展示されていました(館の許可を得て抜粋)

 

遺跡公園

 この写真は、枯れ葉がすっかり落ちた厳寒の時期に撮影しました。
 写真を子細にご覧いただくと、バックに大団地群が広がっているのにお気づきになるかと思います。

 

 
本町田遺跡公園のあらまし

 団地造成中に遺跡群が見つかることはよくあることですが、ここでも昭和41年に、日本住宅公団「藤の台団地」建設に伴う造成工事中に縄文・弥生期の遺跡群が発見されました。
 昭和43年、調査団による発掘調査が進められた結果、11軒の住居跡が見つかりました。それぞれの住居跡からは、炉跡や土器、石器が多く出土しています。
 そのうち4軒は縄文時代前期、7軒は弥生時代中期のムラの跡で、ムラの中央部はどちらの時代とも共同作業場のような広場の状態でした。

  調査に当たられた先生方が、報告書に『出来れば遺跡の保存と平行して、この遺跡から出土した土器・石器などの遺跡資料を後世に残す目的で『遺跡博物館を建設して欲しい』と提案された様です。
 この提案を真摯に受け止めた町田市が、縄文期、弥生期の住居跡群と特に代表的な縄文式、弥生式の縦穴住居を各一軒づつ復元させるとともに、この遺跡が縄文期・弥生期の二つの時代にまたがった貴重なものであるところから、周囲を公園として整備して、昭和46年4月15日、本町田遺跡公園として開園されました。
 平成4年3月30日には、公園面積の4,388.99平方メートルが、東京都文化財の指定を受けています。

 いまでは、開園当時植えられた桜の木も大きくなって、
春には見事な花を咲かせています。
 

 

 何だか子供の頃から図鑑で見慣れた登呂遺跡そっくりの竪穴式住居が復元されましたが、当時もこんな洒落たスタイルで建てられていたんでしょうか。
 以来、私が住むこの丘の頂上の公園は、最高の憩いの場になっています。 

開園時間:午前9時〜午後4時30分

体園日 :月曜日(祝日のときは開園、翌日体園)
     12月28日〜1月4日
交通案内 :町田駅(小田急、JR横浜線)小田急側バスターミナルより、
      「藤の台団地」行きバスにて「市立博物館前」下車、徒歩5分。

【本町田遺跡公園】
   連絡先:町田市立博物館
        住所:〒194 町田市本町田 3562番地
        電話:0427-26-1531



市立博物館

 本当に我が家から半径500mちょっと。
 バス停も我が家と同じ「市立博物館前」です。

 このホームページをご覧になって、『行ってみようか!』と思われた方がおられれば、是非、お越し下さい。
 そしてお茶の一杯ぐらいは飲みに、我が家にお立ち寄り下さい。

市立博物館のあらまし

 市立博物館は、博物館に隣接した遺跡や、市内各地の遺跡群から出土した埋蔵文化財や市内の民家に伝わる民俗文化財など、郷土町田の先人たちの遺した貴重な資料の収集、保存、展示する施設として昭和46年に計画され、昭和48年11月3日、『町田市郷土資料館』として開館しました。
 その後、収集した美術工芸品等の展示を含め、より広範聞な事業が行えるよう、昭和51年4月l日、『町田市立博物館』と改称し、現在に至っております。
 収蔵資料は、埋蔵文化財・民貝・ガラス器・陶磁器・風俗画・大津絵等、幅広く多方面にわたっています。
 館内には、大小二つの展示室をはじめ、研究室、収蔵庫、講堂等があり、ホールには、町田市域の立体模型が展示してあり、遠足で訪れる市内の小学生に好評です。
 展示活動は、企画展のみ年に7回開権しています。
 会期中は展覧会に併せて講演会、講座、また職員による列品解説などを行っています。



 【展覧会開催スケジュール

 特別展覧会など詳しいイベント情報は、町田市の公式ホームページ
http://www.city.machida.tokyo.jp/machida/index4.html
でご確認ください。

【今期の予定】
H11. 5. 1 〜 H11. 6.13 発掘された町田の遺跡
H11. 6.29 〜 H11. 8. 1 織り・染め・縫いの世界
H11. 8.10 〜 H11. 9.26 多摩の板碑
H11.10. 5 〜 H11.11.21 町田市立博物館蔵 ボヘミアングラス
H11.11.30 〜 H12. 1.16 青磁と白磁−富山佐藤美術館・関コレクション
H12. 1.25 〜 H11. 3. 5 町田市立博物館蔵 民具と生活
H12. 3.14 〜 H12. 4. 9 関東の埴輪
        (変更があるかもしれません。ご確認下さい。H11.6.1)

【町田市立博物館】
   住所:〒194 町田市本町田 3562番地
   電話:0427-26-1531

  入館料:無料
 開館時間:午前9時〜午後4時30分
  体館日:月曜日(祝日のときは開館、翌日体館)
      12月28日〜1月4日
      展示替え期間中
建物の概要:鉄筋コンクリート造、地下1階・地上2階(延べ床面積l,410平方m)
 交通案内:町田駅(小田急、JR横浜線)小田急側バスターミナルより、
      「藤の台団地」行きバスにて「市立博物館前」下車、徒歩5分。

 

交通案内

       


ホームページに戻る|半径:500mに戻る|

/こどもの国に進む/薬師池公園に進む/町田リス園に進む/国際版画美術館に進む/芹が谷公園に進む/町田えびね苑に進む/町田ぼたん園に進む/町田ダリア園に進む/“尾瀬”と“ミニ尾瀬”に進む/2週間の四国旅行に進む/2週間の北海道旅行に進む/