ホームページに戻る|


 

あ と が き

最終更新:2002.3.22

■ハッピーリタイアして4月でちょうど2年になります

 ハッピーリタイアを期に、水泳を始めました。
 最近になって休み休みなら1500m、何とか泳げるようになりました。
 腰痛もここ1年、起こっていません。
 どうやら第1の目標“健康作り”は、ほぼ達成しました。

 一緒に始めた水中歩行----飽きもせず2年間、週に3〜4回、プールの中を
歩き続け、いろいろ試行錯誤を繰り返し、自分なりに勉強しました。
 結論は、「腰痛持ちには、絶対お薦めします!」なのですが、
 “胸まで浸かってただ歩くだけ”ではあまり効果はない....。
 と言って、
 “水中エアロ”をインストラクター抜きでやるのも難しい....。
 
 独断と偏見の水中歩行術らしきものを編み出しましたが、果たしてHP上で公開
したものかどうか....。
 ダイエットを兼ねた水中歩行、腰痛退治にご興味がおありの方、ご一報下さい。
(2002.03.22記)

■新しいURLに移転、完了しました
平成13年9月1日午前0時をもって新ドメインに移転完了しました。
4年間、お世話になったアクセスカウンターを記念に取り込みました。
(2001.09.01記)


(xaxon-net時代のFetch講座カウンター)

■「少年平賀源内」全文掲載しました
本ホームページを立ち上げた時点から、全文掲載するとお約束したままになっていた「少年平賀源内」を本日やっと全文掲載する事が出来ました。これで最大の懸案が解決しました。
途中までお読みくださった方は、お暇な折、残り半分に目を通してください。
(2001.7.24.記)

■ドメインの変更

こんな『お願い』告知をホームページの巻頭に書かないといけない羽目になろうとは思ってもいませんでした。
長い間、使い慣れた
  http://www.md.xaxon.ne.jp/~kimoto/
が9月1日には使えなくなってしまうんです。
「何れは独自ドメインを取得したい」と思い、予め準備しておいた
machida-jp.com が、こんなに早く役に立つことになろうとは……。
とにもかくにも新しいホステリング先を決めなくていけません。
大急ぎで準備を整え、ひとまずは移転を完了しました。
Yahoo!も快く移転変更手続きを取ってくれ、
  http://www.machida-jp.com/kimoto/
  http://www.machida-jp.com/kimoto/fetch/
の両方とも、新しいURLで案内を開始してくれました。
リンクくださった皆さんへの連絡など、まだまだ仕事は沢山残っています。
最近は、ドメイン取得も手続きが簡単になりましたので、皆さんも何かの折、一考しておかれては如何でしょうか。(2001.7.24.記)

■2度目の「初級水泳」受講
昨年の4月〜6月まで都立大学の成人講座を受けた話は既に書きましたが、あれからちょうど1年。今年もまた、夏目先生の講義を受けることにしました。
自分ではそれなりにうまく泳いでいるつもりでも、実際はどんな風に泳いでいるのか分からない。----夏目教室では、受講者全員の泳ぎを水中からビデオで撮影してくれて、一人一人詳しく問題点を指摘してくれます。
あのビデオ解説をもう一度、受けてみたい。(何を隠そうこの1年の成長を自分の目で確認したいと思っていたんです)
そして今年もまたビデオ撮影と個々の解説が始まりました。そして、私の番が回ってきました。----泳いでいるおのが姿。先生の解説を受けるまでもなく、欠点は一目瞭然です。
(ガッカリ。先生から受けていたご指摘は、こういうことだったのか!)
“百聞は一見にしかず”なんてもんじゃない。
昨年以上の課題を抱えてしまったんです。
でも、この一年間の努力もまんざら捨てたもんでもない。500mを軽く泳げるようになったんだから……。(2001.7.10.記)

■定年後の2つ目の挑戦
ハッピーリタイアして半年近くが過ぎました。最初の1年目は健康作りと決めていましたが、半年経つと「何か面白いテーマはないか?」例によって虫が騒ぎます。
そんなある日。月に1度出かけるハローワークでIT関連の雇用促進事業の一環、3ヶ月講習の募集を見つけました。
めでたく講習機会をゲットし、暮れの12月〜3月まで大塚学院で360時間講習が始まったのです。講座内容は、Word、Exccel、SQL、HTML等々。1教室30人。久々に若い人たちと机を並べた最年長者の勉強開始です。
自慢は無遅刻無欠席。---しかも、午後4時30分に授業が終わると一目散に自宅に帰りプール通い。口の悪い家族からは「専門学校生が部活やってる!」とからかっていましたが、真冬のこの時期でさえ4時半に仕事を終えれば、運動する時間が十分あることは驚きでした。
サマータイム論議も確かに一考する要ありと感じた3ヶ月でした。(2001.4.10.記)

■定年後の最初の挑戦
そこでこれからの第2の人生を如何に充実させるか、私なりに真剣に考えてみました。
そんな時、たまたまカミサンの友人が都民カレッジの案内を届けて下さり、その中から二つの講座を見つけました。
「初級水泳」と「減量トレーニング」です。
どちらも4月から6月末までの3ヶ月間、毎週1回ずつ合計10回開催されます。
「何と言っても健康第一!」
「ハッピーリタイア最初のテーマはこれに決めよう!」。

それからと言うもの生まれて初めての“毎日が体育会系”の楽しい生活が始まりました。
木曜日の午後は夏目麻子講師の「初級水泳」、金曜日の午後は小野晃講師の「減量トレーニング」です。(何れも都立大の体育施設を利用)

クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライは一通り習いました。
クロールと平泳ぎは何とかモノになりそうです。
エアロビクスの原理(脂肪の燃やしかた)は勿論のこと、ダイエットの長所や欠点など、減量に関する人並みの知識は、粗方吸収しました。

そしてそれ以外の日々は、町田市民プールに日参し、もっぱら水中歩行に徹しました。----歩くだけでは負荷が軽すぎます。そこで一計を案じて思いっきり水中で腕を前後に大きく振りながら毎日約2時間、額に汗をかきかき歩き続けました。心肺機能も自然に付いてきました。
プールの休館日(月曜)は近くの里山に軽登山。
山梨県大月の百蔵山(ももくらやま)、神奈川県津久井の石老山、箱根仙石原の金時山等々、選んだのは初心者向けハイキングコースばかりです。

そして楽しい楽しい夢のような3ヶ月がアッという間に経過しました。
その成果は劇的で、持病の腰痛はいまではすっかり解消し、血圧も下がり、約5Kgの減量にも成功。----現在、新たな目標「9月末までにさらに5Kg減量」に向け挑戦中です。

HPには、その報告の第一弾、「ストレッチ体操」の手順を掲載しました。引き続き「独断と偏見の減量トレーニング」を企画中です。
ご期待下さい。(2000.6.30.記)

■日経BP社発行のパソコンベストムック「インターネット ホームページ 2001年版ベストブックマーク」(2000年7月14日発行予定)に本ホームページに掲載しております「Fetch講座」が収録されるとの知らせが入りました。
何とも嬉しい話です。
これも皆さん方のご支援のお陰と感謝しております。

最近、HPそっちのけの生活を続けてきましたが、7月14日までに何とかリンク集「Fetch同窓会」の更新など、最小限の仕事だけは済ませたいと思っています。(2000.6.30.記)

■亡き父が書いた「別子銅山中興の祖 伊庭貞剛物語」(2100円+税)が、この度、愛媛新聞社(TEL:089-935-2346)のご厚意で出版されました。
父の著作のうち、現在出版されている本は「黒部の太陽」(信濃毎日新聞社)の1冊だけでしたが、これでやっと2冊になりました。
なんだか遅まきながら親孝行をしたような、いい気持ちです。
住友近代化の柱とまで言われた伊庭貞剛の言葉「君子財を愛す。之を取るに道あり」は、いまでも企業倫理を喝破して余すところがないと言われ、また高潔な人柄、果敢な決断、鮮やかな出所進退を自ら示した伊庭貞剛の精神は、現在の住友の事業にも脈々と生きている、とまで言われています。父はこの辺りのことを書きたかった様です。
私が言うのもおかしいですが、よく書けている本だと思います。
ご興味があれば、是非、ご一読いただきたいと思います。(1999.10.30.記)

  

 

 

 

■「町田の名産品」にもカウンターを設置することにしました。
となると、これまで設置していた「巻頭ページ」や「Fetch講座」のカウンターを一旦、リセットしなければなりません。
そこで厚かましくも、この機会に思い切って桁数を5桁から6桁に変更しました。
果たして100000をカウントを記録するのは何日になるのでしょうか。
(1999.10.29.記)

 

 

■“町田の名産品”に興味を持ち "町田 + 名産品" で検索してみたところ、ヒット件数:"ゼロ" 。
まだ、どなたもホームページには取り上げてはいませんでした。
「だったらやってみよう!」と、町田市役所と町田商工会議所をお訪ねし、お話を伺いました。
推奨品は全部で24品です。
土曜日・日曜日に少しずつ取材して、暮れまでには何とか完成させたいと思っています。(1999.10.23.記)

 

 

 

■「町田ダリア園」で写真家の秋山庄太郎先生にお会いしたとき、「近々、薬師池公園に“花の写真”の常設館を開設します」と話しておられました。
その夢が叶って、いよいよ今秋10月27日からオープンします。
3〜4ヶ月毎に50枚近い写真を総入れ替えして下さるそうですから、秋山先生ご自身、相当意欲を燃やしておられるようです。
近々に取材して、掲載します。ご期待下さい。(1999.10.16.記)

 

 

 

 

■こどもの国の矢嶋さんから、「ミニSLも取り上げてくれませんか」と頼まれていましたが、何となくずぼらを決め込んでいました。
8月から写真取材を開始し、やっと約束を果たすことが出来ました。
なんだか、やっと宿題を片づけた感じです。
遅くなったお詫びのつもりで、10枚ぐらいの写真を合成して、300mのコースをミニSLが一周するよう動画を作ってみました。
重すぎるのはご勘弁いただくとして、お子さんの率直な感想を是非、伺って下さい。----掲示板に「こどもに『お父さん、これに乗せてよ!』とせがまれて、先週、出かけてみました」と言った書き込みでも入れば最高に幸せなんですが〜。(1999.10.3.記)

 

 


ホームページに戻る|